女子レーサー密着【オフにつけまい】渡辺真奈美 インテリア速攻

電動式のドライバーを使い、木ネジを木材に打ち込む渡辺
電動式のドライバーを使い、木ネジを木材に打ち込む渡辺
かなづちで背もたれにする布を固定する渡辺
かなづちで背もたれにする布を固定する渡辺
イスを折りたたみ、満足そうな渡辺
イスを折りたたみ、満足そうな渡辺
「いい感じ」。作ったイスに座り、リラックスする渡辺
「いい感じ」。作ったイスに座り、リラックスする渡辺
渡辺の一番のお気に入りの棚。「癒されるー」
渡辺の一番のお気に入りの棚。「癒されるー」

 デビュー4年目の渡辺真奈美(29)=東京支部=はDIYが趣味だ。DIY(Do It Yourself)は、自分で何かを作ったり修繕したりすること。棚や机、イス、小物入れ…。時間があればホームセンターへ行き、材料を買って自分で作る。今回、千葉・市川市のホームセンター「コーナン市川原木店」の工作スペースを借りて、“折りたたみイス”を作りました。(ペン、カメラ・伊藤 和範)

 〈1〉まずはお店の中の木材売り場へ。「木のにおい、いいにおいですね」。渡辺がうれしそうに、次々に木材を選んでいく。

 【DIYトーク】DIYにはまったのは3年前だ。当時、友人とルームシェアをしていた。「テーブルが欲しかったんですよ。でも、形がかわいいのに、少しデカいとか。ドンピシャのものがなくて。探す時間がもったいないし、作った方が早いと思って」。テーブルを作ったのが始まりだ。

 〈2〉木材は、店内でカットしてもらう。紙やすりや木ネジも購入し、工作スペースへ移動する。

 【DIYトーク】これまで作った中で一番のお気に入りは棚だ。2月から一人暮らしを始めた。「木に色を塗り、柱を立てて、穴あきボード、電球も付けて。丸一日かかりましたかね」。自作だから愛着もわく。「部屋に帰ると癒やされる。めっちゃかわいくて、オシャレにできてるーって思う」

 〈3〉木をやすりで磨く。「ペラ用のゲージを作る時にも、やすりを使います」

 【DIYトーク】レース開催中の宿舎でもDIYの雑誌やインテリア雑誌を見る。「これカワイイなって思ったときに、家の中のどこに作れるかなとか考えるのが楽しいです」。仲良しの藤原菜希(33)=東京=も渡辺手作りの棚に“一目ぼれ”。「こないだ家に来て『この棚いいな。うちにも作ってや』って言われたんです。今度藤原さんの家に行って、作るんですよ」。

 〈4〉今回作るイスはDIY雑誌で見つけた。木材を木ネジで固定する。電動のドライバーを使う。「パワーがヤバイ。あ、木が割れた。いいか、ちょっとくらい」

 【レーサーきっかけトーク】渡辺は13年春に順天堂大卒業後就職し、スポーツジムのインストラクターをしていた。「お客さんに器具の使い方を教えたりしてました。でも、毎日の仕事に変化がなくて」。約1か月が経過した5月、兄・雄朗(33)がボートレーサーとしてデビューした。「多摩川に見に行ったんです。兄が格好良くて、うらやましくなっちゃって。やってみたくなりました」。養成所の試験は2度目で合格、15年11月にデビューした。

 〈5〉イスの背もたれ部分には厚手の布を張る。着用していた作業用エプロンを使うことにした。「いつも、軽く設計図を書くくらいで、アバウトな感じ。自由にアレンジを加えながらやってます」。エプロンを木に固定する。トンカチでトントントン。「トンカチの音って、作ってるーって感じしますよね」

 【ソフトボールトーク】渡辺は中学でソフトボール部に入った。「姉がやってたので。私、上の二人がやることをまねするところありますね」。遊撃手で1番打者だった。右投げ左打ち、強打、強肩、俊足。「相手の監督さんが私が打席に入ると、『外野、下がれー』って指示を出してました。先頭打者本塁打も何本も打ちました。左翼方向に流す感じ、気持ちよかった」。市川市立第七中では千葉選抜選手となった。東京・日出高(現・目黒日大高)では高校総体で8強入りした。

 〈6〉組み立ててみる。「あ、いい感じ。かわいくできた」。座ってみる。「ちょっと、何か怖いけど、ちゃんと座れる」。折りたたんでみる。「カッコイイ、このイス」。約2時間の作業で完成。満足そうな笑みをうかべた。

 【目標トーク】4年目で徐々に勝率は上がってきているが、まだB級から抜け出せない。今期の勝率は4・00。「30歳までにA級に上がりたい。あと1年で何とかしたい」と、意気込む。「差し」が課題だ。「私、どうしても、気持ちを抑えることができなくて。目をギラギラさせちゃうっていうか。すぐにぎって、まくりにいっちゃう。行かせて差せばいいのに。今は差ししか練習してません。落として差す、とか。覚えたら、成績も上がると思う」。

渡辺 真奈美(わたなべ まなみ)

 ▼生まれ、サイズ…1990年9月6日、千葉・市川市生まれ。29歳。158センチ、血液型A。家族は両親と兄(雄朗、ボートレーサー)、姉。

 ▼デビュー…117期として15年11月平和島でデビュー。「デビューの日の11月22日は母の誕生日で、兄の結婚記念日でもあったんです。プレゼントに『勝利』と思って気合入れたんですが、そんなの全然、無理でした(6着)」。初1着は16年5月のまるがめ。

 ▼ダンス…大学時代ダンススクールに通い、ヒップホップ系ダンスに夢中になった。「高校でソフトボール部の時、全国から強豪校などが集まる合宿で、各校が出し物を披露する場があったんです。そこで、EXILEを踊ったら、楽しくて。ハマりました」。

 ▼高校に芸能人…東京・日出高(現・目黒日大高)出身。同校には芸能コースもあった。同級生に女優の北乃きい、俳優の本郷奏多らがいた。「廊下ですれ違ったりしましたが、本郷君は超細かった」

 ▼教育実習も…順天堂大ではスポーツ健康科学部で学んだ。中高保健体育教員免許を持つ。「せっかく4年生の大学にいるのだから、取っておこうと思いました。母校の中学に教育実習にも行きました」

電動式のドライバーを使い、木ネジを木材に打ち込む渡辺
かなづちで背もたれにする布を固定する渡辺
イスを折りたたみ、満足そうな渡辺
「いい感じ」。作ったイスに座り、リラックスする渡辺
渡辺の一番のお気に入りの棚。「癒されるー」
すべての写真を見る 5枚

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請