宝塚花組・明日海りおの本拠地サヨナラパレードに8000人!“晴男役”の祈りも届いた

ファンに見送られ、笑顔で手を振る花組トップスター・明日海りお
ファンに見送られ、笑顔で手を振る花組トップスター・明日海りお

 11月24日付で宝塚歌劇を退団する花組トップスター・明日海(あすみ)りおのサヨナラ公演「A Fairy Tale ―青い薔薇(ばら)の精―」「シャルム!」が30日、本拠地の兵庫・宝塚大劇場で千秋楽を迎えた。

 恒例の大劇場前のサヨナラパレードには約8000人のファンが詰めかけた。事前の会見では「無事に大劇場を卒業することができました。まだ実感はわきませんが、こうして笑顔でいられるのはいいことかな」とホッとした様子。

 本拠地との別れの日。「私が初めて生で宝塚を見たのがこの劇場。いろいろ感じながら育ってきた。いつもこの空間に声をかけ、会話してきたような気がします」。入団から16年半の思い出が詰まった劇場を、ファンに見送られながら後にした。

 この日は、週間天気予報では雨予報で気をもんだが、明日海は自称“晴男役”。「3日前は雷マークだったのに、雨マークになり、そして曇りマークに。これは絶対晴れるなと思った。雲はあったけど、青空が見えたので、やった! と思いました。朝一番に、青空の喜びをかみしめました」と笑顔だった。

 東京宝塚劇場公演は10月18日~11月24日。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請