【阪神】大逆転で2年ぶりCS進出決定 今季初の6連勝締めで広島抜き去る

5回1死一、二塁、大山の先制中前適時打で生還した北條を祝福する阪神ナイン
5回1死一、二塁、大山の先制中前適時打で生還した北條を祝福する阪神ナイン

◆阪神3―0中日(30日・甲子園)

 阪神が大逆転で2年ぶりのCS進出を決めた。

 今季初の6連勝で、69勝68敗6分けの貯金1でレギュラーシーズンの日程終了。最終戦勝利で今月15日には4・5ゲーム差あった広島を追い抜き、3位にすべり込んだ。

 4回1死まで先発・大野雄に完全に抑えられていたが、防御率のタイトルがかかっていた左腕がここで降板。代わった2番手・三ツ間を攻め、大山の先制適時打と暴投の間に2点を先制。5回にも2死一、三塁から3番手・山本の暴投で1点を加えた。投手陣は先発の青柳から必死の継投で逃げ切り、7回には今季限りで引退する高橋聡文も登板、打者1人を三ゴロに打ち取った。

試合詳細

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請