藤井七段の最難関への挑戦始まる 王将リーグ・三浦九段戦

三浦弘行九段との一局で初手を指す藤井聡太七段(右)
三浦弘行九段との一局で初手を指す藤井聡太七段(右)

 将棋の第69期王将戦の挑戦者決定リーグ・三浦弘行九段(45)対藤井聡太七段(17)戦が30日午前10時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。

 「棋界最難関」とも呼ばれる王将リーグ。7人の総当たりで争われ、渡辺明王将(35)=棋王、棋聖=への挑戦権を目指す。今期は両者の他に久保利明九段(44)、糸谷哲郎八段(30)広瀬章人竜王(32)、豊島将之名人(29)、羽生善治九段(49)が参戦。藤井七段以外全員が順位戦A級(豊島名人含む)に属する超難関になっている。

 藤井七段は最強の6人を相手に史上最年少タイトル挑戦を目指す。

 本局は両者にとって初戦。8月の初手合では三浦九段が勝利している。持ち時間は各4時間。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請