【オリックス】高山郁夫投手コーチ、来季1軍ヘッドコーチに就任

高山郁夫投手コーチ(右は西村徳文監督)
高山郁夫投手コーチ(右は西村徳文監督)

 オリックスの来季1軍ヘッドコーチに高山郁夫投手コーチ(57)が就任することが29日、分かった。球団の投手出身では1985年に梶本隆夫氏がヘッドコーチを務めた例があるが、異例の昇格人事となった。高山コーチは2018年に復帰し、山岡、山本ら若手を育て、人望も厚い。来季2年目の西村監督の右腕として白羽の矢が立った。

 また、風岡1軍ヘッドコーチには1軍内野守備走塁コーチを打診。課題の打撃部門は田口1軍野手総合兼打撃コーチを据え、もう一人を外部招へいか、内部昇格で調整を進める。今季限りで現役引退した岸田についてはファームの投手コーチでの入閣を検討している。

 なお、この日、下山1軍打撃コーチ、勝呂1軍内野守備走塁コーチ、藤井2軍打撃コーチ、早川2軍外野守備走塁コーチ、弓岡育成チーフコーチと来季のコーチ契約を結ばないことが発表された。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請