【谷井孝行の目】競歩金の鈴木、体は厳しくても思考には余裕あった

水分補給しながらゴールを目指す鈴木雄介
水分補給しながらゴールを目指す鈴木雄介

◆ドーハ世界陸上 第2日(28日)

 【ドーハ(カタール)28日=細野友司】男子50キロ競歩で、日本記録保持者の鈴木雄介(31)=富士通=が4時間4分20秒で初優勝。日本競歩界に初の金メダルをもたらし、20年東京五輪の競歩代表内定第1号となった。日本勢の世陸金は、11年大邱大会男子ハンマー投げの室伏広治氏以来8年ぶり。東京五輪では20キロの代表権獲得にも意欲を示した。

 鈴木は大舞台で自分の状況を把握し、レースを進める冷静さがあった。最初からトップを歩いていたが周りを気にせず、無理をしないペースを貫けたことが良かった。50キロはゴールを大前提に、トータルで考えて歩くことが大事。前半~中盤に作った貯金をうまく利用して、終盤の給水でペースを落としたことも金メダルにつながった。体は厳しくても、思考には余裕があったと感じた。

 東京五輪に向け、いいシミュレーションになった。東京も今回同様の暑熱条件が予想されるが、少し異なる部分もある。今大会は夜間で気温変化は少なかったが、東京はスタートからゴールに向けて気温が徐々に上昇する。また、日差しの影響も考慮する必要がある。早期内定して、今から準備できるのは大きい。練習から試行錯誤し、レベルアップしてほしい。(15年北京世界陸上50キロ銅メダリスト、自衛隊コーチ)

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請