【ヒロ斎藤40周年ヒストリー】(4)「アントニオ猪木からの教え」

藤波辰爾(左)とヒロ斎藤
藤波辰爾(左)とヒロ斎藤

 プロレスラーのヒロ斎藤(58)がデビュー40周年を迎えた。

 ヒロは、1978年8月26日に新日本プロレスで魁勝司戦でデビュー。85年にはカルガリー・ハリケーンズを結成し全日本プロレスへ参戦。87年には新日本へ復帰。95年からは蝶野正洋が率いる狼軍団、nWoジャパン、T2000に加入し黒の総帥をサポートしてきた。2006年に新日本離脱し以後、藤波辰爾(65)が主宰した無我ワールド、現在のドラディションに至るまで藤波と行動を共にしている。

 ドラディションは、ヒロの40周年を記念し「RAGING OUTLAW TOUR~HIRO SAITO40th ANNIVERSARY」と題し、10月25日後楽園ホール大会と同27日の大阪・南港ATCホールCホール大会で記念興行を行うことを決定。10・25後楽園でヒロは、武藤敬司(56)、天山広吉(48)のかつてのnWoジャパンを再結成し、藤波、獣神サンダー・ライガー、越中詩郎(60)の伝説ユニット「ドラゴンボンバーズ」と対戦。また、狼軍団、nWoジャパン、T2000で盟友だった蝶野正洋(55)が「ヒロさんを勝たせるために」特別レフェリーを務める。10・27大阪では、藤原喜明(70)、船木誠勝(50)と組んで、藤波、ライガー、越中と対戦する。

 「WEB報知」では、このほど、ヒロを独占インタビューし「ヒロ斎藤40周年ストーリー」と題し、名脇役に徹したプロレス人生を連載。デビューから現在に至るまでの様々な秘話に迫ります。第4回目は、「アントニオ猪木からの教え」。

 前田日明からの言葉でやめることを思いとどまったヒロは、道場で山本小鉄、木戸修、藤原喜明、荒川真の各コーチの指導を受け、デビューを目標に過酷な練習を耐えていた。それぞれが独特の指導法でキツイ日々だったが、時間が経つと自らの肉体と技術の成長も重なって慣れていった。しかし、どれだけ時間を重ねても慣れなかった存在が新日本プロレスの総帥アントニオ猪木だった。

 「荒川さんは、明るい性格だったから練習にも笑いがあって、木戸さんと藤原さんも厳しかったですが、変なプレッシャーはありませんでした。それが小鉄さんが来ると“ウワァ”ってなって、猪木さんの車が来ると、もっと“ウワァ”ってなりました。“ウワァ”っていうのは、独特の緊張感があって、気持ちが重くなるっていうことです。やっぱり、猪木さんがいらっしゃると道場のムードが一変して異様な空気になりますから、あの息をするのも苦しいぐらいの緊張感はキツかったですね」

 猪木は、練習では絶対に手を抜かなかった。だから、他の選手は絶対に気を許すことなどできなかった。ましてや、デビューもしていない練習生だったヒロならなおさらだった。その緊張感がたまらなく心を憂鬱にさせたのだ。当時、猪木は、スクワット、プッシュアップなど基礎体力の練習をトランプのカードをめくり、その数に10倍、5倍、2倍など猪木が指示する掛け合わせた回数を行っていた。

 「普通はそれは1セットなんですけど、猪木さんは、それを2セットやるんです。つまり、ジョーカー以外の52枚のトランプを2回りめくるんです。全部、終わるまで2時間ぐらいかかりました」

 そして、猪木は練習中、道場の窓は真夏でも閉め切った。

 「扇風機もクーラーも何もないですから、トランプ2セットが終わった時には、汗だくになって足下に汗の水たまりができるんです」

 ある日、猪木はなぜ道場の窓を閉め切って練習するかを若手選手にこう教えたという。

 「オレたちプロのレスラーは、日本全国、さらに世界中どこへ行ってもどんな環境でも常に最高の動きをしなければいけない。真夏の体育館でライトを浴びるリング上は、40度以上の時もあるかもしれない。そんな環境にも対応できるように窓を閉め切って道場で対応できる体を作るんだ」

 あの練習生だった当時のヒロにとって猪木の教えは、正直、頭の中を素通りしただけだった。しかし、レスラーとしてキャリアを積み、メキシコ、カナダなど世界のマットで闘った経験を重ねた時、猪木の教えが正しかったことを思い知らされた。

 「昭和の体育館は、全国どこへ行ってもクーラーなんかなくて、夏なんてマットに背中をつけるとやけどするんじゃないかっていうぐらい暑い会場がありました。それでも脱水したこともなかったですし、コンディションが落ちることもありませんでした。そういう時に、あぁ、あの時、猪木さんがおっしゃったことは、こういう意味だったんだ。あの時の練習に耐えたからどんな環境にも対応できる体ができたんだなって思いました。ただ、本当に猪木さんが道場に来るとキツかったですよ(苦笑)」

 猪木とスパーリングの相手を務めたこともあった。

 「猪木さんは、すごかったですね。大人と子供みたいで勝負にも何もなりませんでした。猪木さん、藤原さん、木戸さんは、本当に強かったです。小鉄さんも強かったんですけど、スパーのやり方が違いました。あの人は、口の中や鼻の穴に指を突っ込んできたりしました。“こういうやり方もあるんだ”って教えてもらいました」

 また、当時の若手選手では、後にタイガーマスクとなる佐山サトルが別格だったという。

 「佐山さんは、すごかった。どんなスポーツでも何をやってもすごい人っているじゃないですか。佐山さんは、そういう人でした。それと、午前中に練習が終わると一人でキックボクシングとかの違うジムへ行ってましたから、その練習熱心な姿勢もすごかったです」

 猪木の教えに佐山ら先輩レスラーのすごさを目の当たりにした道場の日々。その中でヒロは、ある練習に熱心に取り組むようになる。それが受け身だった。(続く。取材・構成 福留 崇広)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請