【箱根への道】法大、山上り青木が大黒柱

法大・青木涼真
法大・青木涼真

 学生3大駅伝開幕戦の出雲駅伝は10月14日、伊勢路を駆ける全日本大学駅伝は11月3日にそれぞれ号砲、来年1月2、3日には令和最初の箱根駅伝が行われる。今季の大学駅伝は“黄金世代”が4年生となり箱根路で連覇を狙う東海大を中心に、選手層の厚い青学大や東洋大、駒大が追随。ダークホースだった国学院大や法大、帝京大も上位常連校へと進化しつつあり「7強」による駅伝戦国時代が到来。大混戦となりそうだ。

 【法大】80回目の箱根路挑戦。伝統校は今季、存在感を増している。前回は6位。「今季の目標は4位です」と主将の坪井慧(4年)は控えめに語るが、それ以上を狙える力を持つ。

 5区で前々回1時間11分44秒で区間賞、前回1時間11分29秒で3位だった青木涼真(4年)が大黒柱。「1時間11分台では区間賞が取れない。1~2分は縮めたい」と意気込む。平地のエースは前回1区5位の佐藤敏也(4年)。今季、さらに成長し、花の2区で他校のエースと互角に戦える力がある。オレンジエクスプレスから目が離せない。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請