【広島】引退試合の赤松、史上初?の見送り始球式…寛子夫人「緊張しました」

始球式で長男の慶馬くん(右)の投球を受け、ハイタッチする赤松
始球式で長男の慶馬くん(右)の投球を受け、ハイタッチする赤松

◆広島―中日(27日・マツダスタジアム)

 試合後に引退セレモニーを行う広島・赤松真人外野手(37)が始球式に登場。長男・慶馬くん(10)がマウンドに上がり、次男・郁馬くん(7)が打席に立つと、パパは捕手を買って出た。投球は惜しくもワンバウンドで、緊張のあまり郁馬くんが握っていたバットを振れなかった“見送り始球式”となった。

 見守った寛子夫人(37)は「私が一番緊張しました。でもパパと3人でできたのが良かったです」とホッとした表情。慶馬くんは「方向は良かったけど(ノーバウンドには)足りなかった」とちょっと悔しそう。まだ本格的には野球に取り組んでおらず「パパと公園で遊んだりする程度」(寛子夫人)とのことだが、「(これをきっかけに野球をやってみたい?)うん!」と大きくうなずいていた。

 最後に寛子夫人は「今まで(始球式でバットを)振らなかった人っているんですかね?」と報道陣に逆質問。もしかしたら史上初かも、という答えに、慶馬くんは「それはそれで良かったね」と記録的(?)なセレモニー達成を喜んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請