根尾、藤原の大阪桐蔭を追い詰めた男・神戸大の藤原がリーグ戦初完投初完封

リーグ戦初完投初完封を飾り、取材に応じる神戸大の藤原
リーグ戦初完投初完封を飾り、取材に応じる神戸大の藤原

◆近畿学生野球秋季リーグ戦 ▽第5節 神戸大5―0奈良学園大(27日・南港中央球場)

 公立の寝屋川高出身で神戸大の藤原涼太投手(1年)が、5安打に抑えてリーグ戦初完投初完封を飾った。「朝は調子が悪かったけど、何とか抑えないと4年生が気持ちよく引退できないと思った。思い切ってフォームを変える意識で投げたら、うまくはまった」と、足をゆっくり下ろすフォームに微修正した。

 昨春の大阪府大会準々決勝では、根尾昂(現中日)、藤原恭大(現ロッテ)らを擁する大阪桐蔭と対戦。9回2死まで4―3とリードしていたが、最後は根尾に打たれて逆転サヨナラ負けした。「練習試合で投げたら『こいつを打ったら、根尾よりすごい打者や』と言われる(笑い)」と、昨年の甲子園で春夏連覇した強豪を苦しめた投球は知れ渡っている。「(大阪桐蔭戦を)経験したことで、締めなあかんアウトは明確に見えた。一個一個のアウトをしっかり取るようになった」と、糧にしている。

 右肩を痛めていたため、今秋からリーグ戦に出場した。「優勝に絡める投球をしたい。ベストナインや最優秀投手を取りたい」と、今後の飛躍を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請