古市憲寿氏、最後の「とくダネ!」出演のフジ笠井アナに無神経コメント「本番中に眠っている人を初めて見た」

笠井信輔アナウンサー
笠井信輔アナウンサー

 27日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、同局を今月いっぱいで退社、フリーに転身し、99年4月から出演し続けてきた同番組も“卒業”する笠井信輔アナウンサー(56)を番組のラストで“送別”した。

 小倉智昭キャスター(72)に「20年前から『とくダネ!』を支えてくれた笠井君が卒業となります」と紹介された笠井アナは「長い間、ありがとうございました。本当に」の、まず感慨深げに一言。

 その後、昨年亡くなった歌手・西城秀樹さんとの交流、過去20年の出演シーンが流された。長年慕ってきた小倉氏から「20年あっという間だったね。ありがとうございました」と言いながら花束を渡されると、「いろいろなことがありました。いろいろな取材をさせてもらいました。失敗もたくさんありました」と話した。

 その後、「フジテレビで32年。『とくダネ!』で20年。本当にお世話になりました。一つの番組を20年続けるのは局アナにとって最高の経験でした」と話した後、「何よりも小倉さんがガンを乗り越えて、こうやって一緒に20年やれてきたことがうれしいです」と言うと、声を詰まらせ涙ぐんだ。

 しかし、こんなアットホームなムードを台無しにしたのが、コメンテーターで出演の古市憲寿氏(34)。「笠井さんと言えば、本番中に眠っている人を初めて見たということ。自由な人だなあ」と突然言い放つと、小倉氏らは苦笑い。笠井アナ本人も「そりゃ、寝ている時もありましたけど…」と苦笑していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請