【阪神】横田 引退試合で奇跡のバックホーム「神様が見てくれていた」 脳腫瘍から1096日ぶり公式戦

試合後の引退セレモニーで1、2軍のナインから胴上げされる阪神・横田慎太郎 (カメラ・豊田 秀一)
試合後の引退セレモニーで1、2軍のナインから胴上げされる阪神・横田慎太郎 (カメラ・豊田 秀一)

◆ウエスタン・リーグ 阪神4―2ソフトバンク(26日・鳴尾浜)

 今季限りで引退する阪神・横田慎太郎外野手(24)が、現役最後の試合に臨んだ。

 1点リードの8回2死二塁から慣れ親しんだセンターの守備へ。ベンチから横田が全速力で現れると、異例の外野席解放となった球場は大きな拍手に包まれた。公式戦出場は16年9月25日のウエスタン・ソフトバンク戦(タマスタ筑後)以来1096日ぶり。17年春に脳腫瘍に侵されてからは初めての実戦となった。

 5番・市川の打球は横田の頭を越えていく適時二塁打となって同点となったが、次のプレーで“奇跡”が起きる。塚田の打球は再び横田の守るセンターへ。代走の二塁走者・水谷が三塁を蹴ったのを見て、ワンバウンドの打球を処理した横田はホームへ送球。ノーバウンド送球が捕手のミットまで届き、本塁タッチアウトになった。

 「めちゃくちゃ緊張したんですけど、最後にああいうバックホームが投げられて、練習でもあんなボールがいったことないんですけど、本当に神様が見てくれていたんだなと思います」

 試合後に行われた引退セレモニーでは、背番号24のユニホーム姿で登場。矢野監督や両親から花束を受け取り、胴上げで5度宙を舞った。「感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんの方に励まされ、応援されてここまで来られました」と涙を流した。

 横田は鹿児島実から13年ドラフト2位で入団し、この年限りで引退した桧山の背番号24を受け継いだ。16年に「2番・中堅」の開幕スタメンで1軍デビュー。しかし、17年の春季キャンプ中に頭痛を訴えて離脱すると、脳腫瘍と診断された。

 半年の入院と治療を経て症状が「寛解」との診断を受け、18年からは育成契約を結んで練習を続けていたが、「自分の打った打球も全く見えず、投手の投げた球も二重に見えたり。悔しかったですし、つらかったので自分でお願いしました」と今月22日に今季限りでの引退を表明していた。

 この日は甲子園での全体練習を終えた指揮官を始め、福留や梅野ら1軍メンバーが、横田の最後の勇姿を見届けにやってきた。通算成績は38試合で打率1割9分、4打点。誰からも愛された男が、ユニホームに別れを告げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請