武田鉄矢、教え子・濱田岳を語る「憎たらしいやつで…」…赤いきつねと緑のたぬき

「赤いきつね」を食べる武田鉄矢(左)と「緑のたぬき」を食べる濱田岳
「赤いきつね」を食べる武田鉄矢(左)と「緑のたぬき」を食べる濱田岳

 俳優・武田鉄矢(70)、濱田岳(31)が26日、CMキャラクターを務める「マルちゃん赤いきつね緑のたぬき」のイベントに出席した。

 「赤いきつね」と「緑のたぬき」のどっちが好きかを競う食べ比べキャンペーンを昨年実施。赤いきつねが勝利したが、今年はバージョンアップ。「赤緑合戦」として、キャラバン車で全国47都道府県を巡り、陣取り合戦となる。2人は出陣式を行った。

 赤いきつね総大将の武田は「ここも一つ(勝って)連勝といきたい」と連覇を宣言すると、緑のたぬき総大将の濱田は「チャレンジャーとして勝ちに行きたい」と一歩も譲らない構えを見せた。

 武田は、1978年から41年間、同商品のCMキャラクターを務め、8月に「同じ俳優を起用したTVCMを最も長い間放送し続けている商品」としてギネス世界記録に認定された。「道を歩いている人に突然『おめでとう』と言われたり、大きな偉業を成し遂げたと実感しました」と話した。

 2人はドラマ「金八先生」で教師と生徒役で共演したこともある。武田は「一番できの悪いやつで逆らってばっかりいた。かわいげが最もなくて憎たらしいやつなんですよ」と笑顔で濱田のことをいじると、濱田も「出席簿で殴られるシーンは、僕が一番強かった。(他の人とは)音が違った」と思い出話を語った。

 

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請