【ロッテ】鈴木大地&益田直也がFA行使検討、W流出も

スポーツ報知
益田直也と鈴木大地

 ロッテ・鈴木大地内野手(30)と益田直也投手(29)が国内FA(フリーエージェント)権の行使を検討していることが24日、分かった。チームリーダーと今季の守護神が他球団へ“ダブル流出”となれば、大きな戦力ダウンとなるだけに、球団は複数年契約と将来的な“指導者・幹部手形”も用意し、粘り強く残留交渉を続ける構えだ。

 鈴木は140試合で自己最高の打率2割8分8厘、15本塁打と68打点をマーク。ユーティリティー性に加えて14年から主将、今季は選手会長を務めるなど、リーダーシップのある“ロッテの顔”だ。

 一方の益田は通算472登板のタフネスさが売りで守護神を務めた今季は60試合の登板で4勝5敗、27セーブ、防御率2・15をマーク。周囲も認める練習の虫で後輩からの信頼も厚い、兄貴分的存在だ。鈴木、益田ともに権利を行使すれば、他球団を巻き込んでの争奪戦は必至。今後の動向に注目が集まる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×