【西武】辻監督“新オレ流”で8・5ゲーム差逆転V2

西武とソフトバンクの首位争い
西武とソフトバンクの首位争い
連覇を果たし、西武ナインに胴上げされる辻監督(カメラ・宮崎 亮太)
連覇を果たし、西武ナインに胴上げされる辻監督(カメラ・宮崎 亮太)
FAやポスティングなどで西武から移籍した最近の主な選手
FAやポスティングなどで西武から移籍した最近の主な選手

◆ロッテ4―12西武(24日・ZOZOマリン)

 西武が、プロ野球史上初めて元号をまたいで連覇を決めた。チーム防御率2年連続最下位ながら、リーグトップの755得点の攻撃力でソフトバンクとの最大8・5ゲーム差を逆転。球団21年ぶりのV2、23度目のパ・リーグ優勝を果たした。昨季から菊池、浅村ら主力が抜けたが、辻監督は、元中日監督の落合博満氏(65)から吸収した“新オレ流”タクトで統率。11年ぶりの日本一へ、9日からクライマックスシリーズ(CS)最終ステージ(S)に挑む。

 待望の瞬間が訪れた。頼もしい選手たちを見てほほ笑んだ辻監督は、ゆっくりと歓喜の輪に歩み寄った。ダイヤモンドの、ど真ん中。幕張の夜空に10度、宙を舞った。監督就任3年目。142試合目で、2度目のリーグVを、今年は勝利で決めた。獅子おどし打線が12得点と爆発。辻西武らしい大勝で長く苦しいペナントレースのゴールテープを切った。

 「連覇に向かって苦しかったけれど、選手の夏場からの頑張りは、びっくりするほどだった。勝って、優勝できて幸せです」

 連覇への挑戦は逆境からのスタートだった。昨季の10年ぶりVを支えたエースの菊池、打点王の浅村らが退団。開幕前、前年王者とは思えないほど低い下馬評に触れ、不屈の炎が宿った。

 「主力が出ていったから優勝できなかった、じゃ面白くない。だから意地でも優勝したいって気持ちになれたのかもしれない」

 反骨心を胸に船出した19年。一本気な九州男児は、時に柔軟にチームを動かした。開幕から4番を託した山川が6月から低迷。我慢の末、8月11日ロッテ戦(ZOZO)で断を下した。山川を7番に下げ、中村を2年ぶりに4番に入れた。この日から28勝11敗。7月9日に最大8・5差あったソフトバンクを逆転した。

 「山川だけはずっと変えないつもりでいた。我慢はした。でも、どうにかして上に行かなければ」。山川には、あえて降格を告げなかった。英断のプロセスにも知将のエッセンスが凝縮されていた。

 「まだまだ真の4番として物足りない。そこに達してない。以前の中村になら言う。山川には『今日は4番から7番になる』って言われる選手になってもらわなきゃいけないんだ」

 無言のメッセージは届いた。9月。山川は場面によって一発を捨て目先の1点を優先した。状況に応じて軽打に徹する中村の背中を見せ、未来の主砲を刺激する―指揮官の一手は選手を、チームを前へ進めた。

 「俺は大人になれない。少年のまま(笑い)。俺たちの時も個性はあったけど、今とは違う。今は選手同士、仲が良くフレンドリー。そういう時代なんだよ」

 茶髪金髪も気にならない。ベンチでは我先にと声を出した。選手にイジられても穏やかに笑った。60歳の「少年」だから子供たちの目線に立てた。チーム防御率は2年連続最下位に沈んだが、今季もリーグ最多755得点の強打で球団21年ぶりのV2。一見、アンバランスな個性派集団を硬軟自在に統率した。

 3年連続Bクラスのチームを率い、就任後2位→1位→1位。西武再生を果たした辻監督は3年前の秋を思った。「コーチだったら行かせないけれど、監督だったら行け。行くべきだ」。言葉の主は当時中日のGM落合博満氏。8年間2軍監督などを務めた中日時代から指導者として尊敬する存在だった。

 「迷いがあったけど、その一言で西武に行こうと。落合さんは選手第一。干渉せず、やりたいことをやらせてあげていた」

 選手ファーストと勝利の両立。師とは違い選手との距離感が近い“新オレ流”こそ、連覇の土台だった。

 「ここまで来たらシリーズに連れて行ってあげたい。やっぱり、特別だから」

 現役時代は黄金期の二塁手としてシリーズ出場10度、日本一7度を経験した。昨季CS最終Sで敗れ、涙した男は「行きたい」ではなく、「連れて行ってあげたい」と、どこまでも選手目線だった。平成最後、令和元年の連覇から11年ぶりの日本一へ。時代をまたいだ名将の挑戦は続く。(森下 知玲)

 ◆辻 発彦(つじ・はつひこ)1958年10月24日、佐賀県生まれ。60歳。佐賀東高から日本通運を経て、83年ドラフト2位で西武入団。二塁手として93年には首位打者、ゴールデン・グラブ賞は8度獲得した。96年にヤクルトに移籍、99年に現役引退。ヤクルト、横浜、中日でコーチを務めた後の2006年WBCで日本代表の内野守備走塁コーチとして世界一に貢献。17年から西武監督。182センチ、80キロ。右投右打。

試合詳細
西武とソフトバンクの首位争い
連覇を果たし、西武ナインに胴上げされる辻監督(カメラ・宮崎 亮太)
FAやポスティングなどで西武から移籍した最近の主な選手
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請