【楽天】U18台湾代表の145キロ左腕・王彦程が入団会見「松井投手みたいになりたい」

育成契約で楽天に入団が決まり意気込みを見せる王彦程(左は石井一久GM)
育成契約で楽天に入団が決まり意気込みを見せる王彦程(左は石井一久GM)

 楽天に育成選手として入団したU―18台湾代表の王彦程(ワン・イェンチェン)投手(18)が24日、楽天生命パークで入団会見を行った。最速145キロの直球を武器に、昨年のU18アジア選手権(宮崎)、今年のU18W杯(韓国)で日本を連破した左腕は「日本のプロ野球に挑戦することは、小さい頃からの夢でした。1日でも早く支配下選手になって、チームの勝利に貢献できるように頑張りたい。松井投手のようなピッチャーになりたいです」と目を輝かせた。

 会見には、台湾から祖父母と姉が来日して王の雄姿を見守った。石井一久GM(46)は「異国の地ですごく不安はあると思うんですけど、ご家族にも心配がないように、安心してやれる環境を整えたい」と全面サポートを約束。さらに「宋(家豪)選手のように、楽天生命パークの舞台でできるように頑張っていただきたい」と、同じく台湾から育成選手として入団し、セットアッパーに成長した先輩投手ばりの活躍を期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請