宮崎謙介「5時夢」で代打MC LINEでの「苦い思い出」語る

宮崎謙介
宮崎謙介

 元衆院議員でタレントの宮崎謙介(38)が24日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)で代打MCを務めた。

 この日の放送はレギュラーMCのふかわりょう(45)が夏休み。レギュラーアシスタントの大橋未歩アナ(41)も休みのため、元TBSでフリーの新井麻希アナ(37)のアシスタントをつとめ、“代打コンビ”が進行を務めた。

 宮崎は2016年2月、妻の金子恵美元衆院議員(41)の出産直前に女性タレントと不倫をしたと「週刊文春」に報じられ議員辞職した“お騒がせ男”。番組冒頭、宮崎と仕事でよく一緒になるというコメンテーターの北斗晶(52)は「人生って分からないねぇ~。あんなに汗だらだらかいて、謝罪会見したのに今、MCだからね」とチクリ。

 宮崎は「1時間よろしくお願いします」と頭を下げたものの、「メールでドキドキさせられたことは?」との番組テーマで「嫌な思い出があります。苦い思い出がいっぱいあって、LINEを送っていたことがあったので、それが暴露されるんじゃないかとひやひやした思いがあったんですけど、結局、暴露されました」と過去を振り返り笑わせた。

 宮崎は10月から同局「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)の金曜MCを務め。アシスタントの新井アナとコンビを組む。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請