【西武】メヒアの決勝打でM2「メヒアサマ、サマヤ!」…24日にも優勝決定

8回2死満塁、走者一掃の勝ち越し適時二塁打を放ったメヒア
8回2死満塁、走者一掃の勝ち越し適時二塁打を放ったメヒア

◆楽天3―5西武(23日、楽天生命パーク)

 パ・リーグ首位の西武が、同点の8回にメヒアの走者一掃の適時打で勝ち越して、楽天に競り勝った。同時間に行われた2位ソフトバンクも勝ったため、マジックは1つ減って「2」。最短であす24日にも西武の2連覇が決まることになった。

 7回にブラッシュに2ランを浴びて同点に追いつかれた西武だったが、直後の8回に2死走者なしから3者連続四球で満塁のチャンスを作ると、代打・メヒアが左中間を破る走者一掃の3点適時打を放ち、勝ち越した。

 ヒーローインタビューを受けたメヒアは「ドウモアリガトウゴザイマス」と慣れた日本語であいさつすると、「本当に、シーズン終盤の負けられない試合で、いつも通り自分のベストを尽くすということだけを心の中に持って、打席に入りました。ボールがグラウンドに落ちた瞬間は最高の気持ちでした。2アウトだったので、あそこに落ちてくれれば(走者が)3人とも(本塁に)かえってくるということも分かっていたので、落ちてくれてすごく安心しました」とうなずいた。

 14日のロッテ戦でサヨナラ適時打を放ち、20日の楽天戦ではサヨナラ本塁打を放ったメヒア。勝負強さを「ソウデスネ。言ったとおり毎打席、自分のベストを尽くすことだけを考えて臨んでいるので、無駄に出来る打席はないと思って打席に入っているのが、いい結果につながっているのかなと思います」と自身で分析していた。

 20日にサヨナラ弾を放った際には興奮気味の辻監督が「メヒア様、様や」とたたえていたことを知ってか、この日のヒーローインタビューでは「メヒアサマ、サマヤ!」と絶叫して締めくくっていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請