【西武】森&おかわり&外崎そろってアーチも9月初連敗…M点灯後初の足踏み

険しい表情でベンチから戦況を見守る辻監督(手前右から山川、森)
険しい表情でベンチから戦況を見守る辻監督(手前右から山川、森)
パ・リーグのマジック、23日にはこうなる
パ・リーグのマジック、23日にはこうなる

◆楽天7―5西武(22日・楽天生命パーク)

 西武はクリーンアップがそろってアーチを放ったが、空砲となり、9月初の連敗を喫した。リーグ2連覇へ、踏ん張りどころだ。

 初回、森が先発・石橋のカットボールを右翼席へ23号ソロ。6回には先頭でセーフティーバントを試みて、一塁へヘッドスライディングした。辻監督が「よっぽど気持ちが入ってたんだろうね。とにかく塁に出ること、そういう気持ちが大事だね」とたたえる気迫のプレーだった。

 8回には4番・中村が2ランを放ち、5番・外崎も26号ソロで2者連続アーチ。それでも勝利にはつながらなかった。誤算は投手陣だ。先発の榎田が5回5失点で降板。7回には3番手の佐野が2死無走者から2失点した。指揮官は「終わってみたら(7回の)あの2点」と振り返った。

 ソフトバンクが勝利したため、優勝マジックは「3」のまま。15日に初点灯してから初めて、数字が減らなかった。2位とのゲーム差は1に縮まり、23日にマジックが消滅する可能性がある。2010年に優勝マジック4を点灯させながらV逸した経験がある西武。逆風をはね返すことができるか。残りは3試合だ。(森下 知玲)

試合詳細
険しい表情でベンチから戦況を見守る辻監督(手前右から山川、森)
パ・リーグのマジック、23日にはこうなる
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請