【阪神】7投手で完封勝ち 逆転CSへ望みつなぐ

移籍後初めてリリーフ登板した阪神・ガルシア
移籍後初めてリリーフ登板した阪神・ガルシア

 阪神が逆転CSへ望みをつないだ。両軍無得点の5回1死一、二塁、今季限りで退団が決まっている鳥谷が代打で先制打。さらに満塁から近本も左犠飛で続いた。6回には梅野が貴重な左前打。DeNAに主導権を渡さなかった。投手陣は先発・望月が4回途中で降板したが、能見から移籍後初リリーフとなったガルシアへつなぎ、抑えの藤川まで計7投手で完封勝利を収めた。

 CS圏内の3位・広島に1・5ゲーム差と最接近。それでも崖っぷちは変わらず、残り4試合も勝ち続けるしかない状況だ。矢野監督は「僕らは後がないんでね。行けるだけ行く、という気持ちで行きました」と攻撃的な継投に手応え。「相手は関係ない。目の前の試合を勝って、つないでいくだけ」と力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請