【ソフトバンク】森が今季初のイニングまたぎ 「残り4試合全部勝てるように」とフル回転誓う

8回途中からの登板で35セーブ目を挙げたソフトバンク・森
8回途中からの登板で35セーブ目を挙げたソフトバンク・森

◆オリックス5―6ソフトバンク(22日・京セラドーム)

 ソフトバンク・森唯斗投手(27)が今季初となるイニングまたぎで、35セーブ目をマークした。8回2死三塁からマウンドに上がり、宗を遊ゴロに抑えてピンチを断絶。9回は走者を許して一発出ればサヨナラの場面を迎えたが、無失点で切り抜け、35セーブ目を挙げた。

 執念の継投で白星をつかんだ。7回1死一、二塁からモイネロを投入したが、宗に右中間へ適時二塁打。ロメロにも右前適時打を浴び、1点差に迫られた。8回に6番手・武田が2死三塁のピンチを招いたところで、守護神を投入。そのままゲームを締めくくった。

 2年連続のセーブ王に向け、トップを走る楽天・松井との2セーブ差をキープ。「あと4つ全部勝てるようがんばります」とフル稼働を宣言した。2年ぶりのリーグ優勝を達成するには、この男の力が必要不可欠だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請