【東京六大学野球】プロ注目の法大・宇草が先制打含む2安打の活躍「苦しかったが、強い気持ちで臨んだ」

中前に先制打を放った法大・宇草
中前に先制打を放った法大・宇草

◆東京六大学秋季リーグ第2週第2日 法大5―3立大(22日・神宮)

 今秋ドラフト候補5人を擁する法大は、宇草孔基右翼手(4年)の先制中前打などで計5点を挙げ、開幕からの連勝を4に伸ばした。

 しぶとく運んだ。0―0の3回。1死三塁で宇草は、1ボール2ストライクからの4球目に食らいついた。打球がセンターに抜けると、一塁ベース上でコーチャーとグータッチで喜んだ。

 「追い込まれていたので、バットに当てようと思った。気持ちで打った」。ノーステップに切り替え、今秋初安打につなげた。4回も2死二塁の場面で、好機を広げる中前打。二盗も決め、5打数2安打1打点の活躍だった。

 前日まで3試合無安打。打順も前日の3番から1番に変更。青木久典監督は「1番打者として、きれいな状態のバッターボックスに立ってきっかけにしてくれればと思った。(2安打出て)良かった」と安心した。宇草も「苦しかったが、回りも心配してくれていた。打てない状況も受け入れて、強い気持ちで臨んだ」と力強かった。

 プロのスカウト陣からも、評価は高い。DeNA・八馬スカウトは「スケールが大きい外野手で、能力が高い」と高評価。楽天・鷹野スカウトも「足が速くバッティングも良い。投ゴロで一塁まで全力で走るプレースタイルも評価できる」と野球に取り組む姿勢にも注目していた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請