【ソフトバンク】明石の初先頭打者弾で先制

◆オリックス―ソフトバンク(22日・京セラドーム)

 ソフトバンクが、明石健志内野手(33)の自身初の先頭打者本塁打で、先制した。

 初回カウント3ボール1ストライクから、148キロ直球を強振。右翼席中段へ、先制の5号ソロをたたき込んだ。「打った瞬間、入ると思いました。いいピッチャーなので、初回から先制できて良かったし、チームに勢いを持ってこられた」と笑顔。1死二塁から柳田が右前適時打し、初回から2点リードを奪った。

 オリックスの先発・山本とはこの試合まで、今季5試合で対戦。2勝1敗、防御率1・59に封じられていたが、幸先よく先制点を奪った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請