【阪神】横田が引退会見「自分の打った打球が全く見えず」脳腫瘍から復帰も実戦復帰かなわず

引退会見を行った横田(中央)にサプライズで花束贈呈を行った北條(左)、高山(右)
引退会見を行った横田(中央)にサプライズで花束贈呈を行った北條(左)、高山(右)

 阪神・横田慎太郎外野手(24)が22日、今季限りでの現役引退を表明した。

 17年に脳腫瘍を患い、半年間の闘病を経て復帰した苦労人はこの日、西宮市内の球団事務所で会見を行った。引退の理由について「自分で決めた決断なので、全く後悔はありません。一番は目が大きいです。自分の打った打球も全く見えず、投手の投げた球も二重に見えたり、守備の際もボールが二重で飛んできたり、来シーズンこれを続けても厳しいかなと思い決断しました」と脳腫瘍による後遺症であるとし、自ら球団に申し入れたことを明かした。

 横田はプロ3年目の16年、強肩強打を武器に「2番・中堅」で開幕スタメンで1軍デビューを果たした。しかし、17年の1軍沖縄・宜野座キャンプ中に頭痛を訴え、2月11日にチームを離脱。約半年にわたる入院と治療を経て、症状が消えて安定した状態になる「寛解」と診断され、練習ができるまでに回復した。復帰後は、育成契約から1軍を目指していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請