【中日】京田が今季3度目の4安打 サイクル逃すも「記録よりもチームが勝つことが大事」

◆ヤクルト2―14中日(21日・神宮)

 中日・京田陽太内野手(25)が今季3度目の4安打を放ち、勝利に導いた。本塁打が出ればサイクル安打達成となった9回の第5打席は、「与田監督から『大事にいけよ』と言われました。記録よりもチームが勝つことが大事なので」とチーム打撃に徹して鮮やかに左前へ落とした。

 初回からグラウンドを駆け回った。引退試合のヤクルト先発・館山から清水に代わった1死で、初球をたたき中越えの大飛球。快足を飛ばして三塁まで到達した。その後、福田の浅い左犠飛で先制のホームを踏んだ。5回には中前、6回は右翼への二塁打。「感じは悪くない」とヒットを量産した。

 22日からは今季1勝9敗と“鬼門化”するマツダで1・5差に肉薄する3位・広島と2連戦。「負けられない試合が続くし、ここからが本当の勝負。いい緊張感を持ってできている」。巨人のリーグ優勝が決まっても、白熱するCS進出争いの主役は譲らない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請