馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 新潟

【ききょうS】プリンスリターンが完勝 年内は朝日杯FSが大目標

ききょうSを勝ったプリンスリターンと原田騎手(左端は加用調教師)
ききょうSを勝ったプリンスリターンと原田騎手(左端は加用調教師)

 9月21日の阪神9R・ききょうS(2歳オープン、芝1400メートル、6頭立て)は単勝4番人気のストロングリターン産駒、プリンスリターン(牡、栗東・加用正厩舎)が2番手から押し切る完勝で2勝目を挙げた。なお、単勝1・7倍の支持を受けたシャレード(牝、栗東・藤原英昭厩舎)は3着に敗れた。勝ち時計は1分22秒1。

 道中は逃げるマイネルヘルトを見ながら、楽に2番手からの追走。直線では前のマイネルを目標に追い出して、ラスト1ハロン手前で先頭に立つと、後続から詰め寄る有力馬たちの追撃も封じ込んだ。

 騎乗した原田和真騎手は美浦所属ながら、この中間は同馬の調教をつけるために栗東に滞在していた。「真面目な馬です。調教では割とタフで、攻めることができました。長く脚を使えるし、スムーズな競馬をすることができました」と2勝目にホッとした表情。

 加用正調教師は「うまいこといったね。1400メートルに替わってどうかと思ったけど、上がり(3ハロン)も34秒を切っている(33秒6)しね」と笑顔で振り返っていた。今後は朝日杯FS・G1(12月15日、阪神)を目標にローテーションが組まれる予定だ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請