右代啓祐の一転世陸出場に強化委員長「日本陸上界の至宝である右代選手の出場がかない喜びを感じます」

右代啓祐
右代啓祐

 日本陸連の麻場一徳・強化委員長は21日、十種競技の右代啓祐(国士舘ク)がインビテーション(招待枠)でドーハ世界陸上(27日開幕)出場が可能となったことを受け、コメントを発表。「何よりも、日本陸上界の至宝である右代選手の出場がかなったことに喜びを感じます。関係各位のご尽力に、心より感謝申し上げます」と述べた。

 日本陸連が作成した国内選考要項の不備が発端で、大会直前のエントリー取り消しという事態を招いた今回の問題。最終的には右代がスタートラインに立つこととなったが、要項作成プロセスや国際陸連による英文の要項の周知徹底など、反省材料は多い。麻場委員長は「これで良しとするのではなく、これを機に、二度と今回のように我が国の有望なアスリートが辛い思いをしないよう、気を引き締めて事に臨んでいく所存です」とした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請