元阪神・関本氏の長男・勇輔がコールド勝ちを決める2ランで3戦3発

5回、履正社の関本がコールド勝ちを決める左越え2ランを放つ
5回、履正社の関本がコールド勝ちを決める左越え2ランを放つ

◆秋季高校野球 大阪大会 ▽3回戦 履正社11―0阪南大高=5回コールド=(21日・豊中ローズ)

 今夏の甲子園で初優勝した履正社が、3試合連続のコールド勝ちで4回戦に進出した。元阪神内野手の関本賢太郎氏を父に持つ、プロ注目の勇輔捕手(2年)が、9―0の5回2死三塁で、コールド勝ちを決める左越え2ランを放った。

 八尾北との1回戦では、2本塁打を含む4安打11打点をマーク。2試合ぶり、今大会3本塁打目は高校通算10号となった。観戦した父の前で2安打3打点と活躍し「前半は4番の仕事が全然できなかったので、最後は何としても自分で決めようと思った」と、顔をほころばせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請