【浦和】槙野、VAR発言で1試合出場停止「必要ない発言だったと反省」

浦和・槙野智章
浦和・槙野智章

Jリーグは20日、浦和DF槙野智章(32)に対し、1試合の出場停止処分を下したと発表した。対象は25日の天皇杯4回戦・Honda FC戦。

 8日のルヴァン杯準々決勝の第2戦・鹿島戦の試合終盤、浦和FW杉本が鹿島DFブエノにペナルティーエリア内で倒された場面で笛は鳴らず。主審は耳に手を当てるジェスチャーを見せ、新導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の助言を得た上でPKではないと判断された。

 槙野は試合後に報道陣の取材に対応。主審がピッチ脇で映像を確認する「オンフィールドレビュー」を実施しなかったことに異議を唱える発言をしたことについて、規律委員会のヒアリングの結果、「審判員に対する侮辱または公然の名誉毀損行為」に相当すると判断された。

 槙野はクラブを通じて「審判員の方をはじめ、チームやファン・サポーターのみなさんにご心配とご迷惑をおかけし、申しわけありません」と謝罪。発言について「場を和ますような形で言った」とし、「必要ない発言だったと反省しております」とコメントした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請