【BCリーグ】富山・二岡氏、監督退任「全うできた」…県庁表敬訪問

富山県庁を表敬訪問し、今季を振り返った二岡監督
富山県庁を表敬訪問し、今季を振り返った二岡監督

 今季限りでBCリーグ・富山GRNサンダーバーズの監督退任が決まった二岡智宏氏(43)が20日、富山県庁を表敬訪問し、今季を振り返った。リーグ戦では西地区で前期2位、後期3位に終わり、二岡氏は「優勝できなくて申し訳ない。選手には2月から指導し、野球に取り組む姿勢は伝わったと思う。1年間、私自身の仕事は全うできたと思います」と振り返った。

 巨人で3年間、コーチを務め、富山で初めて監督に就任。戸惑いもあったが、試合ではコーチボックスに立って指揮。「選手と一緒にプレー出来て楽しかった。これからもプラスになります」と二岡氏。その一方で、BCリーグの問題点も指摘した。「走塁やカバーリングではNPBに劣っている。逆にそれが出来ればNPBに近いところまで行ける。劣っている環境の中、何が出来るか考えれば、もっと伸びていける」と話した。

 17日に今季限りでの退団を表明。初年度でチームを去ることになったが、選手たちには大きな影響を与えた。二岡氏は「チームがうまくいかないことも多かったが、出来る限りのことは教えた。これからの人生に生かして欲しい」とエールを送った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請