エントリー取り消しの右代啓祐、一転して世陸出場へ「メダル獲得の夢へ精一杯準備していきます」

右代啓祐
右代啓祐

 陸上十種競技の右代啓祐(国士舘ク)が20日、ドーハ世界陸上に参戦することが決まった。日本陸連が、国際陸連(IAAF)からのインビテーション(招待枠)を受けたと公式ツイッターで発表した。右代は自身のツイッターで「メダル獲得の夢に近づける様、精一杯準備していきます」と決意を込めた。

 右代は、世陸参加標準(8200点)を満たしていないが、今年4月のアジア選手権を優勝。地域王者として出場資格を得たとみなし、6月の日本選手権優勝で日本陸連から選考基準を満たしたとして代表内定を得ていた。

 国際陸連は、地域王者について「地域選手権王者(世陸で実施される個人種目)は、参加標準記録に到達しているかどうかに関係なく、自動的に世陸出場権を得る。ただし、この規定は1万メートル、3000メートル障害、混成種目(十種競技、七種競技)、フィールド種目、ロード種目には適用されない。これらの種目では、Technical Delegates(技術代表)による承認次第となる」としている。右代はこの例外規定を適用され、エントリー不承認を通達。日本陸連の麻場一徳強化委員長が18日に「要項に不備があった。認識が甘かった」などと謝罪する事態となっていた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請