【楽天】西武にサヨナラ負け ロッテも敗れて3位キープも平石監督「勝たないといけない…」

9回1死一塁、代打・メヒアにサヨナラ2ランを打たれた松井裕樹(右、カメラ・清水 武)
9回1死一塁、代打・メヒアにサヨナラ2ランを打たれた松井裕樹(右、カメラ・清水 武)

◆西武5×―3楽天(20日、メットライフドーム)

 楽天が西武にサヨナラ負けを喫し、連勝が3でストップした。

 約2か月ぶりの先発となった塩見貴洋投手(31)が、6回途中3失点(自責3)の粘投。チームは3点を追う7回、3連打を含む4安打で3点を返し同点に追いついた。

 しかし3―3の同点で迎えた9回1死一塁、守護神の松井裕樹投手(24)が“天敵”である西武・メヒアに左越えにサヨナラの6号2ランを被弾した。

 4位・ロッテがオリックスに敗れたため、ロッテとのゲーム差は0・5のまま。4位転落は免れたが、平石洋介監督(39)は「こっちも勝たないといけない」と険しい表情だった。

 今季8敗目を喫した松井は「納得して選択した球だったので仕方がない。実力がなかっただけ。(西武戦は)残り4試合ある。抑えなくてはいけない。まだやり返せる」と巻き返しを誓っていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請