【浦和】長沢、汰木が社会福祉施設を訪問「パワーもらった」 J1残留争いから脱却誓う

さいたま市内の社会福祉施設「みずき園」を訪問し、重度の心身障害者と交流した浦和MF長沢和輝(右)、汰木康也
さいたま市内の社会福祉施設「みずき園」を訪問し、重度の心身障害者と交流した浦和MF長沢和輝(右)、汰木康也

 浦和のMF長沢和輝(27)、汰木康也(24)が20日、さいたま市内の社会福祉施設「みずき園」を訪問した。

 クラブと同市が進める社会連携活動の一環として、重度の心身障害者13人と交流。牛乳パックをリサイクルし、赤・白・黒色の「レッズカラー」で染めたハガキ作りをともに行った。完成したハガキは10月18日に大分戦が行われる埼玉スタジアムのブースで販売される。

 約1時間の交流を終え、障害者の女性から「これからも応援してます。たくさんゴールを決めてください」とエールを送られた。汰木は「あの言葉は響きました。体が不自由なく好きなサッカーができるのは当たり前じゃないと感じたし、自分の方が元気をもらった」と刺激を受けていた。

 長沢は、10年以上前にいとこが脊髄を損傷して全身まひとなり、母親とおじらが市原市内で介護福祉施設を経営している関係で、何度か施設を訪問したことがあると明かした。「言葉は聴き取りにくくても気持ちは伝わってくる。応援してくれているのを感じたし、大きなパワーをもらった。その力を結果につなげていきたい」と話した。

 チームは現在、ACLと天皇杯は勝ち進んでいる一方で、リーグ戦は15位と低迷している。「今回だけでなく、サポーターの方々から叱咤激励を受けて励みになる。身を引き締めて天皇杯、リーグ戦、ACLとやっていきたい」と力を込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請