【ソフトバンク】千賀が熱投、連敗3で止めた

粘りの投球を見せた千賀
粘りの投球を見せた千賀

◆ソフトバンク4―3オリックス(19日・福岡ヤフオクドーム)

 泥臭く連敗を3で止めた。8回1死二、三塁。中村晃が執念の犠飛を右翼へ打ち上げ、勝ち越した。「負けられない試合。勝つことができて良かった」と喜んだ。

 エース・千賀の熱投がナインの心に火を付けた。1点リードの3回2死。右膝付近に西村の打球が当たりながら続投を志願。4回以降は、無走者でもクイックで投げた。自己最多の14勝目は逃したが、6回3失点。「エースとしての責任感が見えた」と工藤監督。王会長も「よくあそこまで放った。これで流れが変わる」とうなずいた。

 西武も勝ち、優勝マジックは5に減った。今後も厳しい戦いが続く。「全部、勝たないと優勝できないと思っている」と中村晃がナインの気持ちを代弁。3位以上は確定し、6年連続のCS進出が決まったが、目指すはあくまで頂点。チャンスがある限り諦めない。(戸田 和彦)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請