TBS「笑いが無理なら体張れ」収録で芸人が負傷 ネルソンズ・青山フォール勝ちが全治8週間

スポーツ報知
全治8週間のけがを負ったネルソンズ・青山フォール勝ち

 TBS系バラエティー番組「笑いが無理なら体張れ」(26日放送、深夜0時1分)のスタジオ収録中に、お笑いトリオ「ネルソンズ」の青山フォール勝ち(33)が全治8週間のけがを負ったことが19日、分かった。同日、TBSが発表した。

 同局によると事故が起こったのは今月15日、東京・砧スタジオで行われた収録で、ローションを塗ったターンテーブル上でジャンプし、上からつるされた賞金をキャッチする企画。青山がジャンプして着地した際、腕をひねり右肩を負傷。待機していた医師が応急処置をし、病院へ搬送。診察の結果、「右肩関節脱臼、右肩甲骨関節窩(かんせつか)骨折、全治8週間の見込み」と診断された。医師によると、患部を固定し、無理な体勢を取らなければ、仕事は可能とのことで、青山は翌16日から芸能活動を行っているという。

 青山は4歳からレスリングを始め、松江工では国体準優勝、東洋大では天皇杯で8強入り。元レスリング日本代表の経験も。和田まんじゅう(33)、岸健之助(36)とともに2010年に「ネルソンズ」を結成。16年に「青山久志」から「青山フォール勝ち」に改名した。TBSが主催するキングオブコントは2017年、18年と準決勝に進出し、21日に決勝が行われる今年の大会でも3年連続で準決勝に進出している。

 「笑いが無理なら体張れ」は従来のネタ番組に体を張るアトラクションの要素を融合した番組で今年3月に放送。好評のため、第2弾として26日の放送が決まっていた。MCはバナナマン。バナナマンは過剰演出が発覚し、放送休止となっている同局系「消えた天才」(日曜・後8時)でもMCを務めている。

 TBSのコメントは以下の通り

 「青山さんご本人をはじめ、所属事務所ほか関係各所の皆様に大変ご迷惑をおかけしました。当番組の収録に当たっては、参加する方にヘルメットと、首・肘・膝の3か所にサポーターを着用していただき、怪我防止の対策をとっていました。また、事前のシミュレーションを9月8日、14日(収録前日)と2日かけて実施するなど、安全面には注意を払っておりましたが、青山さんが怪我をされたことについては大変申し訳なく思っております。青山さんの一日も早いご回復をお祈りするとともに、今後番組制作上の安全管理をさらに徹底していく所存です」

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×