日本陸連が選考不手際に全面謝罪…麻場強化委員長「我々の体制のレベルが低い」

日本陸連の麻場一徳強化委員長
日本陸連の麻場一徳強化委員長

 日本陸連の麻場一徳強化委員長が18日、都内で会見し、十種競技の右代啓祐(国士舘ク)のドーハ世界陸上出場取り消しについて説明した。

 右代は、世陸参加標準(8200点)を満たしていないが、今年4月のアジア選手権を優勝。地域王者として出場資格を得たとみなし、6月の日本選手権優勝で日本陸連からの代表内定を得ていた。

 国際陸連は、地域王者について「地域選手権王者(世陸で実施される個人種目)は、参加標準記録に到達しているかどうかに関係なく、自動的に世陸出場権を得る。ただし、この規定は1万メートル、3000メートル障害、混成種目(十種競技、七種競技)、フィールド種目、ロード種目には適用されない。これらの種目では、Technical Delegates(技術代表)による承認次第となる」としている。

 陸連側は、ただし書きの存在について把握していたが、麻場委員長は「右代選手は、リオ五輪代表でもあるし、そういう選手がこの条項で引っかかることは想定していなかった、というのが正直なところ。簡単にいえば、見積もりが甘かった」と認めた。

 今大会は、十種競技の出場数も36人から24人に減少。参加標準を破っていない右代に対し、6月以降に例外条項を示した上で、海外大会などで標準を破る選択肢を示せなかったのも問題だ。麻場委員長は「我々の体制のレベルが低い。もう少しきちんとできるような体制、システムを組んでいかないと、二度とないようにしていかないといけない」と厳しい表情を浮かべた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請