橋下徹氏、福島原発の汚染水処理問題で小泉環境相へ「これまでのようなポエムは大臣にはいらない」

橋下徹氏
橋下徹氏

 前大阪市長の橋下徹氏(50)が18日、自身のツイッターを更新。東京電力福島第1原発で増え続ける有害放射性物質除去後の処理水をめぐり、日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)が条件付きで大阪湾への放出を容認する考えを示したことについて小泉進次郎環境相が「市長の考えもある。会う機会があれば考えを聞いてみたい」と語ったネット記事を貼り付けた上で「小泉さんは所管外と逃げてはいけない。福島復興は所管外なのに復興を後押しするのも環境省の仕事だと言っていたはず。放射性物質の一般論を述べて国民の理解を促すのは環境省の重要な仕事」と指摘した。

 さらに連続ツイートし「大阪で震災がれきを受け入れたとき、府市の職員とともに、環境省の職員も頑張ってくれた。これまでのようなポエムは大臣にはいらない。優秀な環境省職員を動かし、経産省、自治体と連携しながら、汚染処理水問題を解決に導くべきだ。それが真の福島復興の第一歩だ。ポエムではなく実行力!」とつづっていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請