由利・佐藤哲矢、4打点&無安打投球で4強「勝てて本当に良かった」

7回1死三塁のピンチを抑え、雄叫びを上げてベンチに戻る由利・佐藤哲
7回1死三塁のピンチを抑え、雄叫びを上げてベンチに戻る由利・佐藤哲

◆秋季高校野球 秋田県大会 ▽準々決勝 由利8―5秋田南(17日・さきがけ八橋)

 4強が出そろった秋田の準々決勝で、由利が秋田南に8―5で逆転勝ちした。4安打に抑えられたが、4番・捕手の佐藤哲矢(2年)が4打数2安打4打点の活躍。終盤はマウンドに上がり無安打に抑えるなど“投攻守”でチームを牽引し、初の東北大会出場にあと1勝と迫った。8強が決まった宮城では、2回戦で白石工がシードの大崎中央を2―0で撃破した。前日(16日)の試合は、0―7で迎えた2回の守備時に降雨ノーゲームに。16日には6安打と打ち込まれた右腕・小野叶夢投手(2年)が3安打完封で勝利を呼び込んだ。

 まさに頼れる主砲が、打って、守って、そして投げて由利を救った。秋田南に2―4とリードされた7回表1死三塁。マウンドには3番手投手として、前の攻撃で2点適時打を放った佐藤哲が上がった。捕手で先発し、投球練習はしていなかったが「ボールは投げていたので肩はできていました」。最速137キロの直球を武器に2人の打者を抑えると「シャーッ!」と大きな雄叫び。チームを鼓舞して、流れを一気に呼び込んだ。

 すると7回裏。2死満塁で打席に立った佐藤哲が、左前へ同点の2点適時打。一塁塁上で再び雄叫びを上げると、その勢いに押されたのか、失策など秋田南の守備が乱れ、この1安打だけで一挙6得点し逆転に成功。安打数は4本―14本と圧倒されながら、8―5の快勝で4強に進んだ。佐藤哲は「最後は気持ちで勝負ができた。勝てて本当に良かった」とホッとした表情を浮かべた。

 元々は女子校で、2007年に共学となったばかり。これまで東北大会の経験はないが、昨夏は県4強、今夏は県8強と、着実に力をつけてきた。昨夏の準決勝(対金足農、4●7)では、相手エースの吉田輝星(現・日本ハム)から6回に集中打で4点を奪取。「先輩たちを見て、今の子たちにも集中力が受け継がれている」と安保天志(あんぼ・たかし)監督(48)。この試合でも6回1死まで相手の下間拳真投手(1年)に無安打に抑えられていたが、初安打から一気に形成を逆転した。

 4強に進んだ能代松陽、明桜、秋田商はいずれも甲子園経験がある強豪校ばっかり。それでも勢いでは負けない自信がある。「チームで戦えている。次の試合も守備でしっかり抑えて、チャンスで打っていきたい」と佐藤哲。全員でひとつの勝利をつかみ、新たな歴史を築く。(遠藤 洋之)

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請