右代啓祐は世陸代表内定も出場できない見通し

右代啓祐
右代啓祐

 陸上の十種競技でドーハ世界陸上(27日開幕)代表に内定していた右代啓祐(33)=国士舘ク=が、国際陸連の決定で世陸に出場できない見通しであることが17日、明らかになった。右代は世陸参加標準を満たしていないが、今年4月のアジア選手権優勝で大陸王者として出場資格を獲得。6月の日本選手権を制し、内定を得ていた。

 日本陸連幹部によると、参加標準を満たしていない大陸王者は、最終的な参加選手数などの影響で出場を取り消される可能性がある。右代は、この例外規定に該当したものとみられる。

 右代は、この日都内で行われた壮行会も欠席。自身のツイッターを更新し「こんな直前はあんまりです。今はまったく整理ができないですが、絶対に自分に負けないように、腐らない様に走り続けます。ただ、二度とこんな事起きて欲しく無いです」と悲痛な心境を吐露した。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請