紗栄子、台風被害で「助けてください」SOS発信の「市原ぞうの国」へ…食料集めに奔走

スポーツ報知
インスタグラムより@saekoofficial

 モデルでタレントの紗栄子(32)が17日、自身のインスタグラムを更新。台風15号による大規模停電の影響を受け、ゾウやカバなど動物たちに水を供給できない可能性に直面していた千葉・市原市の動物園「市原ぞうの国」を訪れたことを報告した。

 「市原ぞうの国」では12日に公式フェイスブックページ「動力の発電機が壊れそうです。カバ、アザラシ、カピバラ、ペンギンのプールに水を入れれません!助けてください」などと発信。SNS上で「何とか助けてあげて」などと話題になっていた。

 先週、インスタで千葉の被災地に救援物資を届けたことを報告していた紗栄子。この日の投稿で「千葉の震災の深刻さを知った日、スタッフみんなでSNSにて情報を集めていたら、マネージャーの藤田ちゃんがSOSを発見した『市原ぞうの国』。千葉の被災地に入って2日目の13日に、こちらにも立ち寄らせていただき救援物資をお届けしました」と説明。

 「前日に発電機を持ってきてくださったかたがいらっしゃったようで、お水は汲み上げることができるようになったみたいなのですが、ここには13頭の象さんが象使いさん達と一緒に暮らしており、象さんは1日1頭で80キロの果物やお野菜を食べるみたいで、この日伺った際にはみんなお腹を空かせて過ごしておりました」と動物たちの食料が不足していたことを明かし、知り合いの企業などを通して野菜や果物を集め、現地に届けたことを明かした。

 「皆様のご支援ご協力により、象さん始め、園内の動物たちもこの非常事態を乗り越えることができ、本日より通常営業で再開しているみたいです!!ぞうさんショーも始まったみたいで、象さんが書いた『ガンバレ、ガンバル』のメッセージが園のかたから送られてきました!!」と紗栄子。象と触れ合う写真を添え「皆さまのご協力に心より感謝申し上げます」と結んでいた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請