元関脇・逆鉾の井筒親方、58歳で死去…弟・寺尾、兄・鶴嶺山と“井筒3兄弟”として活躍

スポーツ報知
84年初場所、逆鉾(手前)が横綱・隆の里を倒してガッツポーズ

 大相撲の元関脇・逆鉾の井筒親方(本名・福薗好昭)が死去したことが16日、分かった。58歳だった。鹿児島県出身。最近は膵臓(すいぞう)を患っており、8月からは東京都内の病院に入院。現在行われている秋場所は初日から休場していた。現役時代はもろ差しの名人として知られ三賞9回。弟の元関脇・寺尾(現錣山親方)、兄の元十両・鶴嶺山とともに「井筒3兄弟」と呼ばれた。引退後は師匠として優勝6回の横綱・鶴竜(34)らを育てた。

 井筒親方は、名古屋場所後から体調を崩していたという。現在は日本相撲協会の巡業部副部長などを務めているが、夏巡業と秋場所も初日から休場。関係者によると、最近は持病の糖尿病に加えて、膵臓がんを患っていたとの情報もある。今場所前の8月から都内の病院に入院し、この日昼までは病室で知人と会話をするなどしていたが、夜になって容体が急変したとみられる。

 現役時代は元関脇・逆鉾として、弟の元関脇・寺尾、兄の元十両・鶴嶺山とともに「井筒3兄弟」と呼ばれて注目を浴びた。1978年初場所で初土俵を踏んだ。父の先代・井筒親方(元関脇・鶴ケ嶺)譲りの、もろ差しからの速攻を武器に、87年九州から89年春まで9場所連続で関脇を務めるなど活躍した。優勝はなかったが、三賞9回(殊勲5、技能4)を含め、通算551勝567敗29休だった。

 92年秋場所を最後に現役を引退した後は、師匠として後進の指導に当たり、モンゴル出身の横綱・鶴竜らを育てた。井筒部屋には現在、秋場所8日目(15日)から左膝負傷により途中休場した鶴竜、三段目・鋼(はがね)、序二段の鶴大輝(かくたいき)の3力士が所属している。師匠不在となれば、同部屋は消滅を余儀なくされる。鶴竜らは、井筒親方の弟、錣山親方が師匠を務める錣山部屋に転籍する可能性もある。昭和の名力士がまた一人、惜しまれつつこの世を去った。

 ◆井筒 好昭(いづつ・よしあき)本名・福薗好昭(ふくぞの・よしあき)。1961年6月18日、鹿児島・姶良市生まれ。現役時代のしこ名は逆鉾(さかほこ)で、最高位は関脇。78年初場所で初土俵。その後、81年名古屋場所で新十両、82年九州場所で新入幕。92年秋場所後、現役を引退し年寄「春日山」を襲名。94年に「井筒」を襲名した。父は先代井筒親方で元関脇・鶴ケ嶺、兄は元十両・鶴嶺山で、弟は元関脇・寺尾(現錣山親方)。親方として横綱・鶴竜らを育てた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×