【広島】大瀬良、VSヤクルトで初めて負けた「いずれは途切れるもの」

5回終了後、ベンチへ戻る大瀬良
5回終了後、ベンチへ戻る大瀬良

◆広島4―6ヤクルト(16日・マツダスタジアム)

 大瀬良がヤクルト戦でプロ初黒星を喫した。

 3被弾を含む毎回の9被安打で6回5失点。新人の2014年から続けてきたカード連勝は12で途切れた。「いずれは途切れるもの」とポツリ。チームは今季30度目の逆転負けで9月初の連敗を喫したが、巨人が敗れたため辛うじて完全V逸を逃れた。指揮官として300敗(397勝14分け)となった緒方監督は「勝ちを目指して戦っていくだけです」と前を向いた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請