【ソフトバンク】無情8回降雨コールドで日本ハムに連敗 工藤監督「一試合一試合を戦う」

8回、降雨コールドで試合に敗れた工藤監督
8回、降雨コールドで試合に敗れた工藤監督
ソフトバンクと西武の最近のゲーム差
ソフトバンクと西武の最近のゲーム差

◆日本ハム7―2ソフトバンク=8回途中降雨コールド=(16日・旭川)

 恨めしそうに、工藤監督がグラウンドを見つめた。反撃の1点を返し、なおも無死一、二塁とした8回。断続的に降り続いていた雨脚がにわかに強くなった。11分間の中断後、無情の降雨コールド宣告。反撃のチャンスを雨に奪われた。試合後、悔しさをかみ殺した指揮官の口から、しばらく言葉は出て来なかった。

 試合前は「勝っていくしかない。どちらが、我慢できるか」と西武とのデッドヒートに向けた決意をにじませていた。しかし、5位に低迷する日本ハムに手痛い2連敗を食らった。「勝利の方程式」の一角としてチームを支えてきた甲斐野が3失点。15日の4失点に続く2試合連続の乱調は気がかりな材料だ。

 指揮官は「相手(西武)のことより、自分たちの野球をやれば勝てると、一試合一試合を戦う」と言葉を絞り出した。西武のマジックは8に減ったが、1ゲーム差をキープできたことは救い。残り9試合、すべてをかけて戦う。(戸田 和彦)

試合詳細
8回、降雨コールドで試合に敗れた工藤監督
ソフトバンクと西武の最近のゲーム差
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請