松坂桃李「事務所と戦い、休みのお許し」告白に松岡茉優「赤裸々すぎる」映画「蜜蜂と遠雷」完成披露

劇中にも登場するピアノをバックに完成披露イベントで挨拶する(左から)石川慶監督、松坂桃李、松岡茉優、森崎ウィン、鈴鹿央士
劇中にも登場するピアノをバックに完成披露イベントで挨拶する(左から)石川慶監督、松坂桃李、松岡茉優、森崎ウィン、鈴鹿央士

 女優・松岡茉優(24)、俳優・松坂桃李(30)、森崎ウィン(29)、鈴鹿央士(19)が16日、都内で映画「蜜蜂と遠雷」(10月4日公開、石川慶監督)の完成披露試写会で舞台あいさつした。

 最高峰のピアノコンクールを舞台に、天才的な若手ピアニストたちの演奏、葛藤を描いた恩田陸氏の直木賞受賞作を映画化。主演の松岡は「挑戦というより戦いでした」と撮影の大変さを振り返る。それぞれに「戦っていること」を聞く質問も。松岡は「この映画のインスタを始めたが、思わしくない。私も群雄割拠時代にいる若手女優の1人。いまの7万人から2けた(万人)にいかないと泣いちゃう」と現実的。

 ピアノ経験一切無しで始まった松坂は、特訓の最初で「ド」の音の場所が分からず「ファ」を鳴らしたエピソードを披露。さらに“戦い話”になると「仕事をやって10年。事務所との戦いが終わり、ようやくお休みのお許しがでました。ずっとアウトプットばかりだったので、インプットができます」と売れっ子ならではの悩みを吐露。松岡から「赤裸々すぎる。アフリカでもブラジルでも行ってきたら?」と突っ込まれ、苦笑いだった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請