【中日】高卒2年目右腕の山本が7回無失点で3勝目「木下さんのリードを信じてストライク先行で投げられた」

7回、好投する山本拓実(カメラ・義村 治子)
7回、好投する山本拓実(カメラ・義村 治子)

◆中日8―1DeNA(16日・ナゴヤドーム)

 中日・山本拓実投手(19)が7回を5安打無失点の快投で3勝目を挙げた。「木下さんのリードを信じてストライク先行で投げられたのが大きかった。立ち上がりにドタバタしてしまったのが次への課題です」と振り返った。

 初回に先頭・梶谷に四球を与え、1死一、三塁のピンチを招いたが、ロペスをスライダーで空振り三振に抑えた。なおも2死二、三塁で佐野を一ゴロに料理し、その後も粘りの投球を続けた。

 3位・広島がヤクルトに敗れたため、チームは自力でのCS進出への可能性が復活した。与田監督は「最後まで戦うしかない」と話しており、わずかな望みをかけ、残り9試合に全力を注ぐ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請