【巨人】菅野、再び抹消も「迷惑をこれ以上かけられない」

4回6安打4失点で降板した菅野(カメラ・橋口 真)
4回6安打4失点で降板した菅野(カメラ・橋口 真)

◆巨人6―5阪神(15日・東京ドーム)

 腰痛から再登録可能な10日間で最短復帰した。菅野は4回78球6安打4失点という現実を受け止めた。

 「不本意ではありますけど、チームに迷惑をかけている。迷惑をこれ以上かけられない。しっかりした形でまたマウンドに上がれるように最善を尽くします」

 初回は3者凡退も、2回に梅野の適時打で失点。3回からは走者なしもセットポジションで投球と試行錯誤した。4回に3失点すると自ら交代を申し出た。

 「あれ以上マウンドにいてもチームに迷惑かけますし、降りても中継ぎに迷惑かけましたけど、そういう形で1軍のマウンドにいるのは違うと思うので」

 原監督は4回2死一、三塁から梅野を申告敬遠。続く岩貞の代打・鳥谷と木浪の連続適時打で菅野は逆転を許した。「投手が交代しないと思っていたら代打が出た。これは私の考えになかった。チームに迷惑をかけた」と明かした。その上で菅野には「こんな投手ではないと思う。(交代は)本人から。だからコンディションでは」と話した。

 宮本投手総合コーチは「登録抹消かそのまま(1軍)帯同かは明日の様子を見て判断する。腰というところで10日間じゃ足りなかったのかなと。力が入っていなかった」と慎重に見極めていく方針を示した。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請