【阪神】14年連続V逸…来季入閣候補に元中日2軍監督の井上一樹氏ら

阪神・矢野燿大監督
阪神・矢野燿大監督

◆巨人6―5阪神(15日・東京ドーム)

 勝利への希望は、ゲレーロの一撃でひねりつぶされた。1点リードの8回、中継ぎエースのジョンソンが逆転2ランを被弾。「勝つ気持ちをしっかり出して、やってくれた結果なので…。受け止めるしかないと思います」。14年連続のV逸が決まり、矢野監督は静かに言葉をつないだ。

 最下位からの再建を託され、昨年オフに監督就任。「超積極的」を志向し、7月中旬までAクラスを争った。リーグトップのチーム防御率(3・57)を誇る一方で、505得点は同ワースト。巻き返しを期す来季は打撃部門を軸に、首脳陣のテコ入れを図る方針だ。

 1、2軍の配置転換だけでなく、あらゆる可能性を模索。外部招へいに動くなら、現役時代から矢野監督と親交が深く、中日で2軍監督などを歴任した井上一樹氏(48)=野球解説者=らが候補となりそうだ。05年以来の優勝が消滅したとはいえ、残り9試合で逆転CSへ望みをつないでいる状況。チーム全日程終了後に、本格的な組閣作業を進めていく。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請