瀬古リーダー、男子優勝の中村匠吾に期待の“アメとムチ”「今回は蚊帳の外だったから…」

中村匠吾(左)と服部勇馬
中村匠吾(左)と服部勇馬
記者会見でMGCを総括する瀬古利彦氏
記者会見でMGCを総括する瀬古利彦氏

◆マラソングランドチャンピオンシップ(15日、明治神宮外苑いちょう並木発着=42・195キロ)

 日本陸連の瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが、一発勝負の選考レースを総括した。男子優勝の中村匠吾(富士通)の勝因について問われると「三段ロケット。一回では勝てない。三回やったところに勝機がありましたね」と、スパートを重ねて大迫傑(ナイキ)、服部勇馬(トヨタ自動車)を振り切った終盤の底力を称えた。

 ただ、手放しで喜んでばかりもいられない。「大迫はナンバーワンと言われながらプレッシャーもあったと思う。中村は蚊帳の外だったから、思うようなレースができたのかな。今回はたまたま。今度はそうはいかない。これからは注目される方ですから」と瀬古リーダー。プレッシャーの中で力を発揮してこそ、本当の強さ。東京五輪へ、期待を込めた“アメとムチ”を使い分けるのを忘れなかった。

中村匠吾(左)と服部勇馬
記者会見でMGCを総括する瀬古利彦氏
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請