馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

タイキシャトルなどたてがみ切られる被害 道警門別署が捜査

タイキシャトルの切られた鬣(ヴェルサイユファーム提供)
タイキシャトルの切られた鬣(ヴェルサイユファーム提供)

 G1馬などが引退後にけい養されている北海道日高町のヴェルサイユファームが15日朝、G1・5勝のタイキシャトル(25歳)と同2勝のローズキングダム(12歳)のたてがみの一部を何者かによって切り取られる被害に遭っていたことが分かった。

 同牧場は同日、北海道警門別署に被害届を提出。器物損壊の疑いで、同署が捜査している。

 ヴェルサイユファームの岩崎崇文代表取締役(27)によると、15日朝、担当をしているタイキシャトルを確認したところ、たてがみの一部が鋭利な刃物で切り取られた跡があるのを発見。同じくけい養しているローズキングダムも同様の被害が確認されたという。14日早朝の手入れ時には異変はなかったため、一般の見学を受け入れた同日午前9~11時ごろの放牧中に切りとられたとみられる。

 岩崎氏は「想定していないことが起きました。おそらくファンの方がいたずらか記念にするために、切って持ち帰ったのだろう。見学に来るお客さんを信頼していたのに残念だ」と驚きを隠せない様子だった。

 また、被害を受け、この日の見学については身分証の提示を求めることにし、今後、見学の一時中止なども検討されている。

 被害に遭ったタイキシャトルは現役時代、美浦の藤沢和雄調教師の管理馬で1997、98年のマイルCSを連覇し、仏G1のジャックルマロワ賞を勝つなどの活躍で、1998年のJRA賞年度代表馬で、翌99年には顕彰馬に選出された。

 同じくローズキングダムは栗東・橋口弘次郎元調教師が管理した現役時代に09年朝日杯FS、10年ジャパンCのG1を2勝。それぞれ種牡馬入りし、引退後に、同牧場でけい養されていた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請