服部勇馬が大迫傑に競り勝ち代表 東洋大の恩師・酒井監督もたたえる

2位に入った服部勇馬
2位に入った服部勇馬

◆2020年東京五輪マラソン代表選考会(MGC) 15日、東京・明治神宮外苑前発着=42・195キロ

 男子は中村匠吾(26)=富士通=が2時間11分28秒で優勝、服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2時間11分36秒で2位に入り、それぞれ五輪代表に内定した。

 残り約300メートルで日本記録(2時間5分50秒)保持者の大迫傑(28)=ナイキ=をかわし、五輪切符をもぎ取った服部は「大迫さんが後ろを振り返った時、チャンスあると思って、無我夢中で走った。抜いたことは覚えていない。気がついたらゴールだった」と壮絶なレースを振り返った。終盤に続く坂の対策も万全だった。「長野・菅平高原で40キロ走を行った次の日に箱根駅伝の5区よりきつい坂道を走った。嫌なことを、やり続けた」と明かした。

 学生時代の恩師の東洋大・酒井俊幸監督(43)も勇馬の健闘に心から祝福の言葉を送った。「勇馬らしい粘りを発揮してくれました。大学3年生の時からマラソンを走る準備を始めた。リオ五輪の選考会では終盤に失速して悔しい思いをしたことも今回、生かされたと思います。よく頑張った。トラックで東京五輪出場を目指している弟の弾馬(トーエネック)にも最高の刺激になったでしょう。おめでとう」と熱く、温かい言葉をかけた。また、酒井監督は、同じく東洋大出身で序盤に爆走しながら終盤に14位まで失速した前日本記録保持者(2時間6分11秒)の設楽悠太(27)=ホンダ=の健闘をたたえた。「悠太も十分に持ち味を発揮した。MGCファイナルチャレンジで日本記録を更新すれば代表になれる。その可能性は十分にあるし、狙ってほしい」と期待を込めて話した。

 女子は前田穂南(23)=天満屋=が2時間25分15秒で優勝、鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が2時間29分2秒で2位。男女ともに上位2選手が五輪代表に内定した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請